学生団体/ サークルの人集めってどうやるの?その方法を解説!

更新日:

皆さんこんにちは!ライターの陽太郎です!

学生団体の人を集めたいと思った時、意外にどうしたらいいかわからないですよね!

今日は学生団体に人を集める方法をまとめてみました!

こんな人に読んでほしい

・学生団体を設立した人/したい人

・学生団体の長、幹部

・学生団体の人を増やしたい人

・学生団体がどうやって人を集めているか知りたい人

この記事の信頼性

課外活動、ボランティア歴8年。

分野は教育や地方創生、国際協力、青年育成など多岐にわたる。

2018年、2000人規模の団体の代表を1年間務め、アジア・アフリカの小学校に30万食以上の給食を送った。

2020年には学外で自主ゼミを設立、運営。

月間100人ペースの参加者を実現している。

多けりゃいいってもんじゃない

 学生団体をやっていれば一度は憧れる大規模団体。しかし大規模には大規模の、小規模には小規模の良さがあることを忘れてはいけません。

 大きい団体はそのパワーは大きいですが、不祥事が起こりやすいのと意思決定に時間がかかり行動が鈍いという弱点があります。

 小さい団体は規模こそ小さいですがスピード感は早く、かつ微調整が効きやすいという利点があります。メンバー間のゴタゴタも比較的少ないでしょう。

 小さい団体で箔が付かないと悩む場合は地方の新聞などに取材してもらいましょう。

①広報

 人集めにはまず認知が大切です。活動内容やコンセプトが伝わりやすいポスターを作って大学に貼ってもらいましょう。貼れるなら貼れるだけ貼りましょう。

 インスタアカウントを作って同大学の生徒にいいね!しにいくのもいいでしょう。ポスターと同じ、もしくはそれ以上の効果が得られます。DM対応も大事です。

 別のサークルや団体に勧誘しにいくのもありです。代表や幹部と仲が良ければその団体内で宣伝させてもらいましょう。

いっそのこと大きな団体に吸収されて内部プロジェクトにしてしまってもいい場合もあります。

 合同説明会などには必ず参加しましょう。団体に入りたい学生が来るので、このアピールは腕の見せ所です。

②個人アタック

 そして最も打率が高いのが個人勧誘。友達や知り合いに直接話をしましょう!知らない人の話よりも、友達の話の方が効く気になるからです。

変な誘い方すると怪しいビジネスと勘違いされるので注意が必要です。

 その団体でどんな活動をしているか、何が楽しいかをひた伝えるよりもまずは友人の悩みや進路を聞きましょう。人は話を聞いてもらえると嬉しいものです。そして友人の課題を自分の団体で解決できると感じたら、誘いましょう。

就活に向けて何か経験したいんだけど、なかなか難しくてね〜

じゃあ、うちの団体おいでよ!一緒にやろう!

と言った感じです。

勧誘は営業と一緒です。

営業は課題解決です。

この原則を忘れてはなりません。

③外向けのイベントを開く

 最後は外向けのイベントを開くことです。団体に入ることはハードルが高いですが、イベントに参加するだけならハードルは低いですね。

 そこで団体の魅力に気付いてもらいましょう。

イベントのコツはこちらから。

入る側の気持ちはこちらで書きました。

はい!今日は人集めの方法をまとめてみました!

みなさんの素敵な活動を知る人が増え、良い出会いがあることを祈っています!

次読むならこちら!

こっちもオススメ!

最後まで読んでくれてありがとう!

バイバイ!

-学生団体・サークル

Copyright© サークル・学生団体の運営に困ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.