【変化】マンネリ化した学生団体 テコ入れをする方法まとめ!

更新日:

こんにちは!ライターの陽太郎です。

学生団体/サークルの活動、マンネリ化していませんか?

運営に頭を悩ませるあなたにテコ入れの技術をご紹介!

こんな人に読んでほしい

・サークル/学生団体を運営する人

・活動がマンネリ化してきている団体の代表さん幹部さん

・モチベが地まで落ちた人

・一緒に単位まで落ちていった人

この記事の信頼性

課外活動、ボランティア歴8年。

分野は教育や地方創生、国際協力、青年育成など多岐にわたる。

2018年、2000人規模の団体の代表を1年間務め、アジア・アフリカの小学校に30万食以上の給食を送った。

2020年には学外で自主ゼミを設立、運営。

月間100人ペースの参加者を実現している。

これいる?会議

 惰性で続ける活動ほど意味のないものはありません!一度、活動一覧表を眺めながら「これいる?会議」をやりましょう。

毎年やっていたからなんとなくやっていたけど、今年は別になくてよくね

 そういうものはどんどん無くして、真に自分達がやりたいことをやりましょう。団体の根幹になるものは活動ではなくコンセプトです。まずは立ち止まり、その活動をやるべきかどうかを考え、任期の間にやり切りましょう。

そうしたら団体がどんどん変わってしまうじゃないか!

 そうです。鋭い。学生団体やサークルというのは一年ごとに意思決定期間が総入れ替えされるあまりにも特殊な団体です。一年ごとに社長が変わる会社のようなものです。変わっていく様を楽しみましょう。

 一度活動一覧表を作り、その上でみんなでどんな活動をするのか、ゼロベースで考えられるといいですね。

外から見てもらう

 団体、サークル外の人からみてもらうのはとてもいい手段です。団体内で活動していると、どうしても閉鎖的になり客観性が失われてしまいます。そこで、別の団体/サークルの人に一度様子を見てもらいましょう。

 運営方法や活動の様子について意見をもらうだけで、自分では気づけなかった改善箇所が見つかるかもしれません。

 大学というとな小さな小さな世界です。その中でひとつの団体/サークルにいればさらに見えるものは狭くなっていきます。定期的に外部の目線を入れることで、団体の運営に活かしましょう。

幹部合宿

 運営がマンネリ化する原因のひとつとしてあるのがモチベーションの低下があります。達成感が感じられなかったり、熱量に差があったりして幹部内がギクシャクするのもよくある話です。その原因の多くはコミュニケーション不足。

 日々のコミュニケーション不足を一気に補うためには幹部合宿が最適でしょう。自分が普段どんな思いで活動しているのか、どんなものを目指していて、何を大切にしているのかということを伝え合いましょう。

 幹部合宿はただ楽しいだけのように見えますが、実は自分たちが満足感を感じやすい活動をすることはとても重要なのです。幹部が仲良くなりすぎてメンバーと距離ができないように気をつけましょう。

コミュニケーション不足解消のための幹部合宿、大切です。

解散

 モチベも下がりきって惰性で続ける活動しかない団体になっているのであれば、いっそのこと解散しましょう!義務的に続けた先にあるのは虚無感です。みんななんとなく所属しているだけで活動もままらないなら、それぞれが自分の輝ける場所を新たに探した方が効率的です。

 解散は決して悪いことでも恥ずかしいことでもありません。勇気ある撤退に拍手。サークルの歴史より何よりあなたの未来が大切です。

 ただ、他団体や別の組織とのつながりがあるなら、その挨拶などはしっかりとやりましょうね。突然蒸発してしまうと相手も困惑しますし、学生への不信感を持ってしまいます。

飛ぶ鳥跡を濁さず。新たなスタートを切りましょう!

次読むならこちら!

こっちもオススメ!

最後まで読んでくれてありがとう!

バイバイ!

-学生団体・サークル

Copyright© サークル・学生団体の運営に困ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.