サークルの人間関係に困ったら/悩んだら読む記事

更新日:

サークルの中での人間関係、悩みますよね!

サークルは嫌いじゃないけど嫌な人がいる。

やめたいけどやめたくない。

温度差がある。

付き合って別れて気まずい。

そんなあなたのために考え方と対策を考えました!

こんな人に読んでほしい

・サークルの人間関係に悩んでいる

・サークルがギスギスしていると感じる

・サークルの人間関係がギスギスしそうだ

・サークル・ケー・サンクスが好きだ

この記事の信頼性

課外活動、ボランティア歴8年。

分野は教育や地方創生、国際協力、青年育成など多岐にわたる。

2018年、2000人規模の団体の代表を1年間務め、アジア・アフリカの小学校に30万食以上の給食を送った。

2020年には学外で自主ゼミを設立、運営。

月間100人ペースの参加者を実現している。

人が2人以上いれば摩擦が起きる

 そこがサークルであれ会社であれ、人間関係の一時的な摩擦は起こります。しかし慢性的な摩擦はストレスになり、解決せねばなりません。

 まずは自分の中で整理することから始めましょう。

・誰の

・どんな行為が

・どんな状態が

いやなのか?

・誰に

・どうして欲しいのか?

人間関係の問題はこれを整理した上で解決しましょう。

がむしゃらにウザいウザいと言っていてもどうにもなりません。

合わなければやめるのもアリ

 ストレスは溜まったら、根元を断つor自己消化するの二択です。ストレスの原因がサークルの代表だったりやめる気がなかったりしたら自ら場所を変えるのも選択肢の一つです。

 「ストレスフリーな居場所もある」ということが事実だということを自覚しましょう。必ずしも「今いる場所をストレスフリーにする」だけが正解でありません。

 別のサークル、学生団体など、自分の居心地の良い場所を探しましょう。

自分の気持ちに嘘をつかず、正直に、誠実にいようとする勇気さえ持てればきっと輝かしい未来が開けるはずです。

 サークルをやめる手段はこちらの記事から。

訴える

 ストレスの原因になる人が自分に被害を与えている場合は訴えるのが最も手っ取り早い手段です。高い税金を払っていることですし公共サービスは使っていきましょう。セクハラやモラハラ、性犯罪などは「大学生のノリ」で許されることではありません。

大学生なんてそんなもんだよ

こういう意見はバチコリフル無視をガンギメして裁判の準備です。

「これ以上やったら訴える」

「裁判も考えている」

と伝えることも有力です。

サークルクラッシャーへの対策記事はこちらから。

人間関係の軋轢から学ぶ

これからも居場所は変わります。環境も変わります。

自分の周囲の人間は時に、残酷なほど自分の人生をかき乱します。

しかしひとりだけでは生きていけないのも事実。

まだまだ未熟な僕ら大学生は人間関係の軋轢からたくさんのことを学ぶことができます。

 自分の性格、求める居場所、言葉の力などを感じることができます。感情を言語化することは子育てにも生きてきます。あなたがそうだと思えさえすれば世の中から学べないことなどないのです。

みなさんが悩む人間関係から解放される日が来ることを祈っています。

きつくなる前に、ダメになる前に、逃げることです。

「逃げなきゃ!」と思った頃には、逃げる力は残されていません。

逃げる力があるうちに、逃げてください。

心療内科の扉はまだ重いのも事実です。

眠れぬ夜は長いです。

こちらにきて欲しくないです。

うつ病を患った僕から言えることはこれだけです。

あなたの今と未来が明るいものになりますように。

あなたの自然な笑顔が取り戻せまうように!

次読むならこちら!

こっちもオススメ!

最後まで読んでくれてありがとう!

バイバイ!

-学生団体・サークル

Copyright© サークル・学生団体の運営に困ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.