【オンライン】コロナ禍で学生団体、サークルの活動どう変えればいい?

更新日:

こんにちは!

学生団体ライターの陽太郎です。

コロナの影響で学生団体やサークルの活動に影響が出たのではないでしょうか。

この状況の中で、学生団体やサークルの活動をどう変えていけばいいのか一緒に考えていきましょう!

こんな人に読んでほしい

・学生団体、サークルの代表や幹部

・学生団体に興味がある、入ってみたい人

・自粛期間も何か社会のために活動したい人

・もうなんか死ぬほど暇な人

この記事の信頼性

課外活動、ボランティア歴8年。

分野は教育や地方創生、国際協力、青年育成など多岐にわたる。

2018年、2000人規模の団体の代表を1年間務め、アジア・アフリカの小学校に30万食以上の給食を送った。

2020年には学外で自主ゼミを設立、運営。

月間100人ペースの参加者を実現している。

オンラインの活動

 学生団体もなかなか不要不急なものです。基本的に課外の活動ですから、(本人の重要度は別として)やらんでもいい前提です。

 大切なのは、今までやってきた活動をオンラインで置き換えようとするとうまくいかないということです。

 例えば、フェアトレード商品の販売をしていた団体がオンラインショップを開くようなイメージです。

 コロナ禍でやるべきなのは、理念や方向性を確認した上で、0ベースで考えることです。

今までやってきたものを無理やり踏襲するのではなく、
0から考え直し、新しいものをデザインしましょう。

勉強会

 オンライン化が進んで一気にやりやすくなったのが勉強会です。

今まで勉強会をやったことがなかった団体も、ビデオ通話に抵抗がなくなったことなどの要因からやり易くなりました。

今まで行動ファーストだった団体やサークルも、
内部の素養を蓄えるいい機会ですね。

勉強会についてはこちらの記事で詳しく説明しているので参考にしてみてください。

近況報告会

 人数が少ない団体は近況報告会を定期的にやってもいいかもしれません。それぞれ自分の中で目標を立てて、互いにし合う自己研鑽の時間としてこの状況を生かすのもいいでしょう。

1人では続かない勉強やダイエットも、報告する人がいればやる気になります。

大きな団体はグループを作ってそのグループで近況報告会をやるのもいいでしょう。

2年後、シャボンディ諸島で!!

 完全に活動を停止してしまうのも手です。最初に申し上げたように、無理して活動を続けなければならない理由もありません。

 活動開始の日を決めた上で、それぞれで自己研鑽に励み、自分の時間を過ごしてもらい、情勢が落ち着いたら思いっきりやるものありです。

 メリハリがつきますし、「なにかしなきゃ」という固定観念に囚われずにいられます。

いっそ潰す

 団体ごと解散させるのも一つの手です。なんとなくで続けてダラダラと時間を無駄にするよりは、華々しく有終の美を飾りましょう。

 しかし一つの歴史にピリオドを打つわけですから、1人で決めてはいけません。OB・O G含めてよく話し合いましょう。

今日はコロナ禍で求められる学生団体、サークルの変化を書きました!

みなさんの課外活動ライフが良いものになることを祈っています!

次読むならこちら!

こっちもおすすめ!

最後まで読んでくれてありがとう!バイバイ!

-学生団体・サークル

Copyright© サークル・学生団体の運営に困ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.