【面接で言える】サークル/学生団体の運営経験は何が就活に役立つ?

更新日:

サークルの運営経験って就活に活きるの?

サークルがんばったけど、面接でどう言っていいかわからない・・

サークルの話って人事の人聞き飽きてない?

今回はサークル運営の経験を就活にどう活かしていくのかをご紹介します!

こんな人に読んでほしい

・サークルがんばった就活生

・サークルを運営する代表/幹部さん

・就活大変マジつらい人

・マジでしんどい人

この記事の信頼性

課外活動、ボランティア歴8年。

分野は教育や地方創生、国際協力、青年育成など多岐にわたる。

2018年、2000人規模の団体の代表を1年間務め、アジア・アフリカの小学校に30万食以上の給食を送った。

2020年には学外で自主ゼミを設立、運営。

月間100人ペースの参加者を実現している。

意思決定能力

 まずは意思決定能力です。サークル運営の基本はミーティングです。そのミーティングで毎回頭を回してきたならきっとこの能力はついているはず。

 何に考慮すべきなのか、何を重要視すべきなのか、何に気づき、どう言語化すべきなのか、その上で何を選ぶのか。

 ミーティングはその繰り返しです。授業だけでは身につかない、実践的な思考法はサークル運営によって得られるものですね。

 「会議が上手」と言うのは非常に会社に必要な人材です。例えば、同じだけの価値を持つ商材だった場合「口がうまいやつの勝ち」です。

プレゼンでゴリ押しは2流。1流は会議の中で全体を誘導します。

リスクヘッジとは「見えないものを見る力」です。そして見えないものは無限大。何を選び取りどう言語化するかどうかはあなた次第。それこそが、会議の力。つまり意思決定能力なのです。

その商材だとGoogle依存だから変なアプデきたら終わりですね。不安定すぎません?こっちの案だと他からの影響を受けにくくて、自社での裁量権が大きくなりますよ。

よし!そっちで行こう!

意思決定能力は会社に必要な力であると、私がそれを持っているのだとアピールしましょう。

価値発見能力/言語化能力

次は価値発見能力、そしてそれを言語化する能力です。サークルには給料が出ません。つまり、普遍的な価値がないので、自分でそこにある価値を言語化していかないといけない場面が多々あります(これができないと活動が楽しくならない時が来る)。

それが将来性だったり、自分の学びだったりだと思います。つまり「お金じゃない価値を見つけ出して言葉にする」力のことです。

これができると「差別化」が可能になります。プレゼンでも営業でも接客でも生きてくる力です。

言ってしまえば就活の面接も価値発見能力です。あなたの中にある価値をどれだけ発見してどう見せるかどうかが面接です。

具体的なエピソードとしてはこちらの記事で詳しく解説しています。

セルフコントロール能力

 これは先ほどの力と少しかぶるところがありますが見せ方次第で別の力にする事ができます。サークルのように「責任能力が低く、個人の思いやモチベーションに依拠している活動主体」で活動していたと言うことは自分のやる気を自分でコントロールしてあげた実績があると言うことです。

 休んでも単位は落ちず、サボっても金が減るわけじゃないサークル運営を頑張り続けたあなたの力を「継続力」なんて言葉で簡単にまとめないで、「自分の機嫌を自分で取れる人間」ということをアピールしましょう。

本番の強さ

 最後は本番の強さです。イベントや活動など、サークルには「本番」がありますね。その本番で起きたイレギュラーなこととそれにどう対応したかなどを本番力の担保として見せてはどうでしょう?

 イベントやリリース、営業やプレゼンなどの「本番」で役に立つ人間ですよとアピールしましょう。

〇〇のイベントを運営した際、こんなアクシデントがありました。私はそれにこう対応しました。本番での臨機応変な対応は御社でも活かせる能力です。

具体的なエピソードがあるとよりわかりやすいですね。

今回は学生団体の運営を就活にどう活かしていけばいいのかをまとめました!

これを読んでくれたみなさんの良さが伝わればきっと大丈夫!頑張れ!

次読むならこちら!

こっちもオススメ!

最後まで読んでくれてありがとう!

バイバイ!

-学生団体・サークル

Copyright© サークル・学生団体の運営に困ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.