【設立】学生団体/サークルを立ち上げる時にやってはいけないこと3

更新日:

こんにちは!

ライターの陽太郎です!

学生団体/サークルを立ち上げたいそこのあなた!

まずはその勇気ある行動に拍手!すごい!

あなたの美しき勇気と決断を挫けないために、僕から少しだけ

アドバイスを記します。

学生団体/サークルを設立しようにも、なんでもありすぎて逆に大変ですよね。

こんな人に読んでほしい

・学生団体/サークルを立ち上げたい人

・学生団体/サークルの代表、幹部さん

・学生主体での活動を考えている人

・むっちゃ暇な人

この記事の信頼性

課外活動、ボランティア歴8年。

分野は教育や地方創生、国際協力、青年育成など多岐にわたる。

2018年、2000人規模の団体の代表を1年間務め、アジア・アフリカの小学校に30万食以上の給食を送った。

2020年には学外で自主ゼミを設立、運営。

月間100人ペースの参加者を実現している。

1人でやる

 そもそも1人でやっていたら団体ですらありません。学生団体は一年で幹部や代表が入れ替わることや給料が発生しない(営利目的ではない)ことから責任を背負うことが難しいため、その分権利も薄い傾向があります。

 しかし社会や他者に働きかけたいのであれば、その対象に対しては責任が発生します。

やり始めたのならちゃんとやってね

ということです。

 施設や子供への支援などは、一年や二年で完成するものではありません。むしろ1年で終えてしまうと、被支援者は大学生に対して不安感を抱くかもしれません。

 1人で活動してももちろんダメではないのですが、その際は啓発活動や募金など単発の活動にした方がいいでしょう。

 

限られた学生生活の中で、やりたいことがあるなら仲間を見つけましょう!

今後の活動で首を絞めるような名前をつける

 学生団体の名前についてはそんなに深く悩む必要もありませんが、

呼びやすさ

書きやすさ

分かりやすさ

は必要です。

例えば、地域を見守ることを目的とした団体に

毎朝土手キャッチボーラーズ

という名前をつけたとしましょう。

名前が具体的すぎて

ああ私たちは毎朝毎朝土手でキャッチボールしなきゃいけないんだ

と活動を制限されてしまいます。

分かりやすさはもちろん大切なのですが、活動の首を閉めないようにしましょう。

何も決まらないままS N Sを作る

 これはかなり体(てい)を気にした団体の特徴です。

 中がガッタガタなのに「新しい学生団体を設立した」ことを友達みんなに誇示したすぎて先にSNSを作ってしまおうというケースです。

 足場ができていない家に色を塗ろうとするくらいの愚行です。

 先にSNSを作ってしまうと、その後のミーティングで名前すら変わった時などに取り返しがつきません。

 まずは内部のコンセプトや理念、活動内容をじっくりと話し合いましょう。設立ミーティングほど楽しいミーティングもなかなかありません。

「やりたい」のない活動を作る

 立ち上げる際、実現可能性やメンバーの意見の尊重などを意識しているうちに元々のコンセプトがどこかへ飛んでっちゃうことがあります。

 だんだんと

「あれ、私達って何がやりたかったんだっけ?」

 という状態になってしまうことがあります。

 ミーティングを重ねると徐々に

 設立すること自体が目的

 になってしまいます。

これを目的の形骸化と言います。

 設立は目的ではなく手段なので、一度「やりたいことなのかどうか」を話し合いましょう。

WANTの中にあるHAVE TOは大切だが、HAVE TO の中にあるWANTは気休めでしかない。

(下記時より引用)

はい!今回は学生団体/サークルを設立する際にやってはいけないことをまとめました!

みなさんの学大団体/サークルの活動が素晴らしいものになりますように!

次読むならこちら!

こっちもオススメ!

最後まで読んでくれてありがとう!

バイバイ!

-学生団体・サークル

Copyright© サークル・学生団体の運営に困ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.