【学生団体・サークル】モチベーションを高く維持するための秘訣3選

更新日:

こんにちは!ライターの陽太郎です!

みなさん!モチベ高く維持していますか〜〜??

特に学生団体やサークルなどではモチベーションを高く維持することって難しいですよね。お給料が出るわけじゃないのでお給料もありません。

そんな中でモチベを高く維持するコツをご紹介します!

こんな人に読んでほしい

・サークル、学生団体に所属している人

・モチベを高く維持したい人

・モチベを高く維持させたい人

・モチはきなこよりあんこ派の人

この記事の信頼性

課外活動、ボランティア歴8年。

分野は教育や地方創生、国際協力、青年育成など多岐にわたる。

2018年、2000人規模の団体の代表を1年間務め、アジア・アフリカの小学校に30万食以上の給食を送った。

2020年には学外で自主ゼミを設立、運営。

月間100人ペースの参加者を実現している。

自分のニーズを明確化、言語化する

 まずは、自分がその団体に所属している中で求めていることを明確化しましょう。これがブレてしまうと、「所属していること」自体が目的になってしまいわけのわからんことになります。

例えば

僕はこのサークルでコミュニケーションスキルと、海外での経験が欲しいんだ!

と言語化できれば、自分がそこにいる意味がハッキリとします。

 ただ楽しむためにいるのもいいのですが、それだと自分に余裕がなくなった時に辛くなってしまいます。まずは自分の中の目的を明確化しましょう。

WANTを探す

僕が以前書いたブログの中にこんな一節がありました。

WANTの中にあるHAVE TOは大切だが、
HAVE TO の中にあるWANTは気休めでしかない。

素晴らしい。マジ文豪。

やりたいことの中にあるやりたくないことは時間を費やすに値しますが、

やりたくないことを続けるためにやりたいことを見つけることは辛さを紛らわせているだけです。

学生団体という、個人のボランタリ精神にのみ支えられた特殊な組織では自分の気持ちが何より大切です。

短い青春をどこで費やすかを選ぶ権利は、誰にも邪魔されるものではないのです。

別のコミュニティに所属する

「ねえ、頑張ってるの!!褒めて〜〜〜〜!!!!」

と甘えられる場所を作りましょう。

どんなにやりたいことをやっていても、長く続ければその途中できつい瞬間は出てくるものです。

 こどもは家が安心できる場所だと、学校で頑張ることができます。かつてこどもだった私達にもこのアルゴリズムは大切で、安心できる場所があるかどうかは個人の成長にも大きく関わってくるのです。

 それが恋人でも、家族でも、別のサークルでも、バイト先でもなんでもいいです。緩く楽しく安心できるだけの場所にも所属しましょう。

「楽しい」「思い出」を無視しない

 これが意外に大事!目的達成や活動を前にすると「ちゃんと楽しめるか」「私達が満足できるか」をないがしろにしてしまいがちですよね!

 でも、大事にして下さい!会社じゃないんだから!

目的の達成も大事ですが、学生団体、サークルである以上、自分自身でお給料(満足感、達成感、成長の実感、思い出)を作り出さねばならないのです!

 具体的には活動の中で「みんなでご飯」や「ただのお散歩」「ぐだぐだした時間」「打ち上げ」など一見いらないような時間を設定することです!

 ハラスメントはもちろん行けないことですが、パーソナライズされた情報社会で、もう一度ヨブンな時間の価値を見直してみることは大切なことです。

はい!今日はモチベーションを高く保つ秘訣をご紹介しました!

僕もこれを実践しながら月100本のブログを書いています!

みなさんの活動が良いものになりますように!

次読むならこちら!

こっちもオススメ!

最後まで読んでくれてありがとう!

バイバイ!

-学生団体・サークル

Copyright© サークル・学生団体の運営に困ったら読むブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.